事業内容

切削による精密部品加工の技術

材質:A2024Φ52丸棒材から切削加工しています。
熱を逃がすためのヒートシンク。フィンの厚さ0.8㎜、フィンの間隔2.7㎜、溝深さ17.5㎜。市販の刃具ではフィンが倒れてしまいます。技術者が手で研ぎ上げた特殊バイトによって、曲がりなき加工を実現しています。

材質:SUS303Φ70丸棒材から切削加工しています。
内側のくぼんだ部分は、中心穴より右に偏芯しています。Φ70丸棒は、必要な厚さに切断した(今川焼のような)材料を鉄の生爪にチャックして加工します。偏芯加工には、生爪を特殊な形状に社内で加工します。

材質:SUS316LΦ34丸棒材から切削加工しています。
NC旋盤の中でY軸フライス加工を行い24角にしています。Φ9筒(高さ30㎜)の肉厚は薄く0.34㎜。量産LOT数量は、1,000個。Φ65までは、長いままの材料自体を回転させて加工するので、LOT数が多い製品にも対応が出来ます。

複合5軸加工機による工程集約と高精度加工

複合5軸加工機 MAZAK INTEGREX i-100 & j-200

複合5軸加工機インテグレックスの導入によって、時代が求めるスピードとコストに対応できる新たな体制作りに取り組んでいます。
複雑な形状や難易度の高い製品への対応は、NC旋盤とマシニングセンターを併用するといった従来の加工工程の考え方に新風を吹き込みました。
多彩なインテリジェント機能で、製作数が少ない試作品加工の際に課題となる冶具コストの低減を実現しています。
ミーリングユニットは、B軸移動量-30°~210°で割出しが可能で、1本のツールで外径加工、端面加工、斜め加工が可能です。
NC旋盤での直径65ミリ迄の棒材連続加工を得意としてきたノウハウは同加工機にも引き継がれており、一貫体制による試作品品質のままの量産品の安定供給を支えています。
start

斜め穴や傾斜フライス加工

VERTICAL CENTERネクサス410A-II+TT140

立型マシニングセンタ-に「傾斜NC円テーブル」を搭載しています。
傾斜軸割出し角度は最大220度、位置精度は1/1,000度割出しが可能で、斜め穴や傾斜フライスの加工に治具の必要が無く、速くて効率的な加工を実現しています。

  • 加工エリアが広く、傾斜軸割出し220°(±110°)
  • クラス最高レベルの高クランプトルク
  • NC複合旋盤とマシニングとの併用により、複雑な形状や難易度の高い製品に対応しています。
start

棒材供給による量産加工

QUICKTURNネクサス200+ASR65

NC旋盤と材料供給装置(バーフィーダー)の融合設備による連続した切削加工を行うことによって、効率の良い量産加工を可能にしています。

  • バーフィーダーは、最長3mまでの棒材をNC旋盤に供給します。
  • バーフィーダーによる棒材加工能力はφ65までで、試作から量産品まで柔軟に対応するため、フレキシブルな生産体制を取っています。
start

事業内容

NC旋盤又はマシニングセンターなどの金属切削加工機を使用し、材料(鉄・ステンレス・アルミニウム・銅合金などのΦ8~Φ150の棒材)を切削(除去加工)することで、ミクロン単位の寸法精度が要求される精密機械部品を製造・販売しています。

販売先は、鉄道・自動車・二輪車の他、半導体・医療・光学・建築・産業用ロボットなどの各機器メーカーおよび部品業界が主で、100%OEM生産を行なっています。

LOT数が何万何千と多い自動車向けの部品も生産していますが、数百数十の物や試作品の1個といった、多品種小ロットのも対応できる柔軟性を持っています。

当社が製造する精密機械部品は、削りだす材質が様々で用途も多岐に渡っています。特にステンレスを使用する製品が多く全体の7割を占めます。また、ステンレスの中でもSUS316などの難削材から製造する製品が大半を占めており、年間500アイテム以上になります。

φ34丸棒材から24角へY軸フライス加工

start